内埔郷 李氏宗祠 モダンな門構え!先祖と共に今を暮らす!

今回は屏東県内埔郷にある「李氏宗祠 」を訪ねました、李氏宗祠は、日本統治時代の大正年間(1912-1925年)に建設されたそうで、表から見ると、かなりモダンな様相。

李氏宗祠の行き方

李氏宗祠の最寄りバス停は、屏東客運・国光客運の内埔。廣濟路と交差する崇文路を歩いてゆくと目の前の見えてきました。

李氏宗祠

宗祠とは

宗祠と呼ばれているので、先祖をお祀りしていることは分かるのですが、四合院の両サイドは住宅になっているんですね。

李氏宗祠を見学

真ん中頭上に鷲?その両サイドは、ハクション大魔王が出てきそうな花瓶?その下の家紋でしょうか?とっても華やかですね…ここはベランダ?もしくは城門をイメージしますね…欄干の装飾も凝ったデザインですね。あっ!円筒形の柱の上部が人の顔のように見えますね…と外からでしたが、飽きることなくしばし観察していました。

李氏宗祠

先祖と共に暮らす…日本であれば、自宅に仏壇があって、ご飯さんをお供え…月に命日はお墓参り…と同じなのかな…でも核家族化が進むにつれて、そう言ったご先祖様暮らすって感覚が希薄になっているのかなあ…寂しいですが、これも時代の流れ…仕方ないのですかね…

李氏宗祠の基本情報

住所:屏東縣内埔鄉內田村崇文巷12號