タイガーエア台湾 IT281便 成田空港発高雄空港着 搭乗記 チェックイン 座席 機内持込荷物

成田空港~高雄空港間で週4便運航しているタイガーエア台湾。今回は台湾へ旅行した際の搭乗レポートします。LCCならではのルールや機内の様子など紹介しますので、ご利用のご参考になれば幸いです。

タイガーエア台湾は成田空港第2ターミナルを利用

成田空港にはLCC専用の第3ターミナルがありますが、タイガーエア台湾は第2ターミナルから出発します。お間違えのないように。

タイガーエア台湾のチェックイン開始は出発‪2時‬間半前から

タイガーエア台湾は出発予定時間の‪2時‬間半前からチェックイン受付がスタート。預け荷物を多く持った方が並ばれることがありますので、早めに済まされることをオススメします。

タイガーエア台湾

チェックインの際には、予約確認書類(PDFファイルを印刷したもの)とパスポートを提示。搭乗券(ボーディング)を発券してもらいます。

タイガーエア台湾の機内持ち込み手荷物について

タイガーエア台湾は、他のLCC同様機内持ち込み手荷物の個数・重量を厳格にチェックされます。重さ10kg以内で個数は2個まで。チェックを受けた後、重量を書かれたタグを付けてもらいます。この後、免税店等で購入されたお土産品等もチェックの対象になり、個数や重量が超えた場合は、超過手荷物代金が発生します。ご注意ください。

タイガーエア台湾の機内への案内について

手荷物検査・出国審査が済みましたら、搭乗券記載の時間までに搭乗ゲートへ。機内へは小さいお子様をお連れの方など優先搭乗が済んだ後、機体後方のお座席の方から順番に誘導されます。この際、パスポートと搭乗券の確認がありまので、お手元にご用意ください。

タイガーエア台湾の座席について

タイガーエア台湾は、エアバスA320を使用。座席はエコミークラスのみで、通路を挟んで3-3の配列です。前方と中間の出入口、非常口付近の足もとが広い席、及び2列目から4列目の席(虎快席)は有料で事前座席指定することができます。

タイガーエア台湾

お手洗いが前方にありますので、ご心配の方は指定されることをオススメ。また到着後早く外へ出たい方にも。指定がない場合は、タイガーエア台湾が予約状況等によってアサインされます。

タイガーエア台湾

日本航空やチャイナエアライン、エバー航空といったレガシーキャリアよりシートピッチが狭く、乗りなれない方ですと、窮屈な感じを受けるかもしれません。ちなみに私は、なんとか足を組むことができました。

タイガーエア台湾の機内食

タイガーエア台湾は機内食や飲み物サービスはなく、全て有料です。また、機内食は事前予約制になっているセットメニューもあります。カップラーメンやスナック菓子、ミネラルウォーターや台湾ビールも販売されており、機内で購入することができます。

タイガーエア台湾

こちらは台湾のアップルサイダー

なお、機内へ持ち込んだ飲食物の摂取は制限されていますので、ご注意を。

タイガーエア台湾は、成田空港~高雄、台湾桃園をはじめ羽田空港~台湾桃園など日本各地と台湾を結ぶ路線を運航。セールのときなど、値ごろ感のある航空券を販売されます。

LCCならではの特徴を押えて、手軽な旅に出かけませんか?

ブログご覧いただきありがとうございました。よければ、ポチッと一票お願い致します!!
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村