ピーチ MM635便 成田空港発 高雄空港行き 2019年11月 搭乗記 搭乗手続・座席等

今回は2019年10月27日より、成田空港~高雄空港で運航をはじめたピーチを利用しました。成田空港での搭乗手続きや機内の様子(座席や機内サービスなど)をレポートします。

ピーチ 成田空港第3ターミナルから出発

京成電鉄で空港第2ビル駅に到着後、改札口を出て地上1階へ。表示に従って第3ターミナルまで歩きました。(所要時間約10-15分)ターミナル2階の出発ロビーへ入ると、手前から左手へチェックインカウンターが並んでいます。この日のピーチさんは一番奥のF。

ピーチ 国際線チェックイン開始時間

出発案内モニターでピーチMM635便の搭乗手続き開始時間を確認。この日は出発2時間前の16:50から。ちなみに、自動チェックイン機は受付開始時間前に操作しても、エラーと表示さえたレシートが出てきました。

ピーチ

ピーチ 国際線チェックイン受付終了時間

この後、出発ロビーでMM635便の搭乗手続き受付終了アナウンスを聞いたのは、18時。遅くとも1時間前には手続きを済ませておきたいですね。

ピーチ 国際線搭乗手続き方法

まず自動チェックイン機で搭乗手続きをします。予約完了時に届く予約確認メール記載のQRコードを読み取り機械にかざすか、予約番号と名前を入力します。スマートフォンのバッテリー切れに備えて、予約番号をメモしておくことをオススメします。

ピーチ

手続きが済むと、レシートのような紙の搭乗券が出てきます。預ける荷物がない場合は、そばにあるはかりで機内持ち込みする荷物の重さをチェック。7kg以内に納まっていることを確認します。

預ける荷物がある場合、まず自動チェックイン機で荷物タグを印刷し、荷物に取り付けます。その後、奥の係員の方がおられるカウンターへ持って行き預けます。

この後、国際線の手荷物検査場へ進みます。検査が終われば、次は出国審査。日本国籍のパスポートをお持ちの方は、自動化ゲートを利用します。審査が済めば、後は搭乗ゲートへ向かいます。

ピーチ MM635便 バスで駐機場へ

搭乗開始を告げるアナウンスが流れ、ゲート前に列ができました。搭乗券・パスポートのチェックが終わった後、階段を降りて1階に停車していたバスに乗り込みます。人数がそろったところで、駐機場まで移動しました。

ピーチ

ピーチの座席

バスを降りて、タラップを上って機内へ入りました。機材はエアバスA320-200。シートは通路を挟んで、3-3の座席配置です。最前列(1列目)は、最前列が足元が広いファストシート。2列目から5列目、及び非常口の列(12・13列目)の席がスマートシート。前方6列目から11列目の全て、及び14列目から30列目の窓側の座席が、プレジャーシートです。その他のスタンダードシートと合わせ、席数は合計で180席。これらの席は、追加代金を支払うと、事前に指定することができます。

ピーチ

今回は追加代金を支払って、通路側(11D)を指定。なお、11列目の席はリクライニングできませんでした。

ピーチ機内販売(食事・飲み物)

シートベルト着用サインが消えてから、機内販売(ピーチショップ)が始まります。夕方の時間帯とあって、カップラーメンが人気。他にアルコール類やミネラルウォーターを購入される方もいらっしゃいました。シートポケットのメニューでチェック。

ピーチ MM635便 空の旅

前方のドアが閉まり、機体が動き始めたのが19:10。滑走路が離発着する飛行機で混んでいるとのアナウンスが入って、しばらく待機。19:40に離陸しました。19:55に台湾入国書類の配布、20:00にピーチショップ開店。(以降、日本時間から台湾時間へ)22:05にシートベルト着用サインが点灯。23:22に高雄空港の滑走路に着陸しました。

高雄空港

到着ロビーでは、クリスマスツリーが出迎えてくれました。