彰化市 端倪生活 元鉄道職員宿舎をリノベしたカフェ 苺ケーキとアイスコーヒーを味わう!

台湾中部に位置し、北に烏渓を挟んで台中市、南に濁水渓谷を挟んで雲林縣と接している彰化縣。この彰化縣では、現在県内各地の残る歴史的建造物を改修・再利用する活動が行われています。その活動状況をまとめた「老屋點灯-彰化縣歴史老屋活化再利用」という冊子を年に1回発行。今回は2017年度版の冊子で紹介されていた、彰化市のリノベカフェ「端倪生活」を訊ねました。

端倪生活の行き方

台鐵彰化駅から三民路沿いに続く、古いビルの台湾式アーケード「亭子脚」を歩きます。程なくして、端倪生活の前に到着しました。

台鐵彰化駅

まだオープン前とあって、表に置いてある長椅子に腰掛けてちょっと待ってみました。少しすると、若いカップルがやって来て、窓の隙間から中の様子を確認。座っている私の姿を見て、ちょっと待ってみようか、という話になったみたいです。

端倪生活

やがて、ドアが開いて営業開始。私はカップルより先に店内へ。中庭が見渡せる1階の席を確保しました。

端倪生活

カップルは2階へ。それぞれのプライベート空間、というかテリトリーが分かれた瞬間です。

端倪生活

端倪生活

端倪生活の建物内部

建物は1968年にできたそうですから、ざっと50年の歴史を持っているんですね。

端倪生活

一見すると、事務所っぽい建物なのですが、元々台鐵(台湾鉄路管理局)職員の宿舎だったそうです。

端倪生活

端倪生活

端倪生活のメニュー

メニューを見てランチ兼用にいいなと思った、「苺ケーキとアイスコーヒー」をオーダー。
半分にカットされたシュークリームの上に、たっぷりのイチゴがのったケーキ!見てるだけでテンション上がりました。

端倪生活

台鐵彰化駅から近いので、途中下車して寄ってみるのもオススメです。

端倪生活の基本情報

住所:‪彰化縣彰化市三民路9号‬
電話番号:‪04-722-4127‬
営業時間‪11:00-21:00‬