溪州郷 成功旅社 築100年元旅館をリノベして農業関係の書店とカフェ 文化発信基地に活用

彰化縣では、歴史的価値がある古い建物を保存・補修し、新たにカフェや地域コミニティの場などとして活用されています。今回ご紹介する、溪州郷の「成功旅社」もそのひとつ。宿泊施設をリノベして、農用書店やカフェ、地域の人々が集うスペースとして活用されています。

成功旅社への行き方

台鐵員林駅から少し離れた場所にある、員林客運の員林バスターミナルへ移動。ここから、6707路の北斗経由二林行き、又は6881路の北斗経由西螺行き路線バスに乗車して、溪州バス停で下車します。このバス停の前を通る中山路を渡った後、復興路との交差点付近に向かうと、目指す成功旅社があります。

員林客運

成功旅社が歩んだ歴史

1921年に建設された当時は、養真醫院という病院でした。その後、日用品などを販売するお店を経て、大林旅社という宿泊施設に。戦後1955年に台湾製糖の拠点の一部が‪溪州郷に置かれた為、宿は用務客などで賑わいます。

成功旅社

その頃、屋号を成功旅社へ変更。1970年に台湾製糖が台北へ移転したのを境に転機を迎え、徐々に客足が遠のきました。その後、 2014年に農用書店として再スタートし、現在に至っています。‬

成功旅社の建物内部

1階入口付近には、雑貨やお米など地元産の農産物を展示販売されています。隣の部屋は、本棚にの農業関係の本が並ぶ書店と地域コミニティスペース。

成功旅社

成功旅社

その奥は厨房とカフェ・事務所的なスペース。

階段を上がって2階は、旅社だった頃の客室が並びます。お願いして各部屋を見学させていただくことができました。

成功旅社

成功旅社

どことなく日本的なノスタルジックな雰囲気を感じに、来てみませんか?

成功旅社の基本情報

住所:‪彰化縣溪州郷復興路50號‬
開放時間 09:00-18:00 ※月曜定休