客家

竹田郷 屏東県客家文物館 円形土楼をモチーフにした客家文化博物館

屏東県竹田郷にある屏東県客家文物館は、六堆客家文化を発信する博物館。六堆地区住民の暮らしを命がけで守った義民を祀る、忠義祠に隣接しています。 六堆とは 清の第四代皇帝・康熙帝(こうきてい)の時代、中国大陸から大勢の客家の人々が、海を渡って台湾へやって来ました。現在の屏東県から高雄北部に定住した客家の人々は、自分たちの生活を守る為に独自の自治組織を結成します。この自治組織は、竹田郷(中堆)、内埔郷( […]

内埔郷 海の神様 媽祖を祀る内埔天后宮

今回は、金讃鳳梨や甘蔗の栽培が盛んな町・屏東県内埔郷にある内埔天后宮を訪ねます。 内埔天后宮の行き方 台鐵屏東駅前にある屏東轉運站から、屏東客運の8231、8232、8237、8238番の路線バスに乗車。内埔のバス停で下車してすぐ。車内からも見ることができます。 内埔天后宮とは 昌黎祠のすぐ隣りにある内埔天后宮は、屏東県の六堆地区で最も歴史のある媽祖廟。清朝期の康煕時代に創建されました。 1721 […]

内埔郷 昌黎祠 学問の神様 韓愈を祀る廟

今回は、金讃鳳梨や甘蔗の栽培が盛んな町・屏東県内埔郷にある「昌黎祠」を訪ねます。 昌黎祠の行き方 台鐵屏東駅前にある屏東轉運站から、屏東客運の8231、8232、8237、8238番の路線バスに乗車。内埔のバス停で下車してすぐ。車内からも見ることができます。 昌黎祠とは 清代の嘉慶8年(1803年)に建設された昌黎祠は、台湾で唯一、唐代の文人だった韓愈を祀る廟。その為、別名を韓愈廟とも言われていま […]

内埔郷 陽濟院老街でぶらり街歩き 客家の人々が今に伝える暮らしに触れる集落

中国・清が康熙帝の時代末期、大陸から渡ってきた客家の人々が、龍頸溪の河畔から土地を開墾をはじめ、街を作り上げてきました。今回はその足跡が多く残る「陽濟院老街(内埔老街)」を散策しながら街の歴史を辿っていくことにします。 陽濟院老街の行き方 陽濟院老街がある屏東県内埔郷へは、台鐵屏東駅又は台鐵潮州駅から屏東客運の路線バスに乗車。内埔バス停で下車します。街歩きの起点は、バスを降りた向かい側にある内埔天 […]

後龍鎮 苗栗客家圓樓 客家伝統的家屋の土楼を再現!苗栗エリア客家文化の発信基地

台湾高鐵に乗車して高雄方面へ向かう際、苗栗站付近で進行方向に向かって左手の車窓に見える土楼。それが今回訪ねた「苗栗客家圓樓」です。 苗栗客家圓樓の最寄駅 台湾高鐵苗栗站 車窓から見えるとおり、台湾高鐵苗栗站から歩いてすぐの場所にあります。 苗栗客家圓樓の最寄駅 台鐵豐豊站 もうひとつ最寄駅が、縁起駅としても人気の台鐵豐富站。駅自体はそんな有名スポット的な雰囲気はなく、台湾高鐵との乗換駅として機能的 […]

内埔郷 六堆客家文化園区 イベント開催もあり!客家文化に触れるテーマパーク

屏東縣内埔郷にある「六堆客家文化園区」は、小さなお子様から大人の方まで楽しむことができる、六堆客家文化のテーマパーク。苗栗縣にある台湾客家文化館と共に、台湾客家の情報を発信されています。 六堆客家文化園区への行き方 台湾鉄路の屏東駅前にある屏東轉運站(屏東バスターミナル)から、屏東客運の路線バスを利用します。台湾好行バス屏北線か、屏東~水門を結ぶ8230次路線バスに乗車して、六堆客家文化園区で下車 […]

屏東市 屏東県郷土芸術館 邸宅がまるごと美術館!客家建築の装飾アートを満喫! 

屏東市の「屏東県郷土芸術館」に使われている建物は、中国・河南省から先祖が台湾へ渡ってきた、邱氏一族の邸宅「河南堂」。この河南堂には客家の伝統的な家屋の特長が残り、また芸術的な装飾が多用されていることから、屏東県歴史建築として保存。現在は一般開放されています。今回は、建物内の随所に施された装飾をじっくり見学しました。 屏東県郷土芸術館の歴史 1895年 六堆抗日戦争終結後、邱氏一族は現在の屏東市田寮 […]