【新宿】合作社 雞肉飯と傳統豆花 本気で本格派の本場の味!台湾屋台グルメを味わう!

合作社 レストランで台湾グルメ

今回訪ねたのは、新宿駅近くにある「合作社」さん。2021年6月にオープンしたばかりのお店で台湾グルメを味わいます。

新宿三丁目駅から合作社へ

私はごちゃごちゃした新宿駅はちょっと苦手。なので、今回は新宿三丁目駅から合作社さんへ向かいます。B5出口から地上へ出て、そばの交差点で新宿通りを横断。しばらく真っすぐ歩き、IDC大塚家具さんのショールームそばを通って右へ曲がります。K’s cinema(ケーズシネマ)さんの横を過ぎてもう少し。左手にお店が見えてきました。

合作社

合作社

合作社の店内

中へ入る前に外からお店を観察。入口左手にテーブル席があり、そこから奥へアクリル板が置かれたカウンター席が続きます。正面奥に厨房とカウンター席、右に受付レジ。合作社さんの訪れたのは、午後1時半過ぎ。ランチタイムのピークは過ぎているとはいえ、入口サイドのカウンター席は埋まっていました。

合作社の注文方法

まず、手指の消毒を済ませて受付レジへ。オーダーと支払いを済ませて、受け取ったレシートに書かれた番号を呼ばれるのを待ちます。今回は雞肉飯(ジーロー飯)に味玉プラス(580円+税)と傳統豆花(500円+税)をオーダー。

合作社

雞肉飯

まず器がいい!台湾の食堂や夜店で食べる際に使われているのと同じ小ぶりの丼。花柄をよく見かけますが、こちらは屋号入り。お店の方の並々ならぬ「こだわり」を感じます。

合作社

さて、雞肉飯。食べる前に撮影と観察を。白ご飯の上に、鶏肉の他、彩りと香りを楽しむパクチー、揚げたエシャロット(たまねぎかも)がのっています。ステンレスのレンゲですくってひと口。あ~旨い!タレの味わいが、台湾で食べ歩いたジーロー飯と同じだぁ。んんん…ニンニクも入っているかな。

魯肉飯を提供されるお店、日本でかなり増えているんですが、雞肉飯は少数派。だから出会えただけでも嬉しいのですが、こんなに美味しいと、テンションが上がります。

傳統豆花

食後のデザートに傳統豆花を。今回は小豆とピーナッツのトッピング。黒糖蜜の香りと優しい甘さにマッチした滑らかなくちどけで、のどを駆け抜ける豆花。小豆とピーナッツの風味と共に、台湾気分に浸りながらいただきました。

合作社

合作社からの帰り道

店内に写真が貼ってあった「エッグトースト」が気になってます。本当は雞肉飯とエッグトーストを食べようか、かなり迷ったのほど。次回は冬瓜豆乳と組み合わせようと思います。

合作社の基本情報

合作社
住所:東京都新宿区新宿3-35-11 あぜみビル 1F
https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13260524/
Login • Instagram
Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.

タイトルとURLをコピーしました